おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

Silent Star / ウマ娘 コード進行解説

初めまして。ブログを開設してみました。

気になった曲のコード進行を私なりに解説していく予定です。

よろしくお願いします。

 

今回は「ウマ娘 プリティーダービー」より、Silent Star(作・編:田中秀和)です。

youtu.be

 

解説するにあたりこちらの動画を参考にさせて頂きました。

www.nicovideo.jp

 

では見ていきましょう。

 

Aメロ (key of Fmaj)

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4

(Ⅳsus2 - Ⅳsus2 - Ⅴsus4 - Ⅴsus4)

リバースの音から始まり、ピアノのアルペジオが鳴り響きます。

Ⅳ→Ⅴというシンプルな進行です。Ⅳsus2は構成音が「ファ・ソ・ド」で、Ⅰsus4「ド・ファ・ソ」と同じなので、サブドミナントでありながらトニックとしての要素を踏まえているのかもしれません。Ⅴsus4は次の小節で再びⅣsus2に進むため、ドミナントの機能を和らげているのだと思います。

 

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4

再び繰り返しです。 

 

Dm7 - Eb・F7・B7b5

(Ⅵm7 - bⅦ・Ⅰ7・#Ⅳ7b5)

ここで少し展開。Ⅵ→bⅦ→Ⅰとベース音が滑らかに動いていますね。

bⅦ→Ⅰという進行は大体の場合Ⅳに進むのですが、田中さんの場合は #Ⅳに着地することがしばしばあります。今回はそのパターン。

 

間奏

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4

冒頭の繰り返しです。ボーカルが抜けてストリングスが入ってきます。

 

Aメロ(続き)

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4

再びボーカルイン。

 

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4

上段の繰り返し。

 

Bメロ (key of Fmaj)

Bb - F/A - Gm7 - Eφ・A7

(Ⅳ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅱm7 - Ⅶφ・Ⅲ7) 

サビに向けて展開していきます。Bメロと表記しましたが、Aメロの続きといったほうが的確かもしれません。 

先程はDm7(Ⅵm7)から始まりましたが、今回はBb(Ⅳ)。Ⅳ→Ⅲ→Ⅱと下がっていってからのⅦφ・Ⅲ7。これは次のDm(Ⅵm)へ進むためのツーファイブです。

 

Dm・C/E - F・G7 -Gm7 - Asus4・A7

(Ⅵm・Ⅴ/Ⅶ - Ⅰ・Ⅱ7 - Ⅱm7 - Ⅲsus4・Ⅲ7) 

Ⅵ→Ⅶ→Ⅰとスケールトーンを上がっていくのですが、Ⅰで止まらずⅡまで行きます。 ちょっとした浮遊感が感じられますね。その後はツーファイブ...かと思いきやⅢに進みます。

 

Csus4・C・A7

(Ⅴsus4・Ⅴ・Ⅲ7 on Fmaj)

(bⅦsus4・bⅦ・Ⅴ7 on Dmaj) 

この小節がFmajからDmajへの橋渡しとなっています。

 Csus4→Cという進行はFmajだとⅤsus4→Ⅴなのですが、DmajではbⅦsus4→bⅦとして機能します。

 よって、

 

D                D (on Fmaj)

Csus4・C→A7

SDM           D (on Dmaj)

※D=ドミナント、SDM=サブドミナントマイナー

 

となり、C→A→D(bⅦ→Ⅴ→Ⅰ)と、次の小節のDに綺麗に繋がります。

とてもややこしいですね...

田中さんの曲にはこのbⅦ→Ⅴ→Ⅰという進行がよく出てくるので覚えておくといいかもしれません。

 

サビ (key of Dmaj)

D - A/C# - Am/C - G/B

(Ⅰ - Ⅴ/Ⅶ - Ⅴm/bⅦ - Ⅳ/Ⅵ) 

Fmajから転調しDmajへ。

ルート音が半音づつ下がっていくクリシェです。

「Let's アイカツ!」や「EVERMORE」等のサビでも同じ進行が使われています。

 

Bb - F/A・D7 - Bb・G7/B -  C7・A7 (key of Fmaj)

(Ⅳ - Ⅰ/Ⅲ・Ⅵ7 - Ⅳ・Ⅱ7/#Ⅳ - Ⅴ7・Ⅲ7)

 G/Bからさらに下がってBbなのですが、なんとここでFmajに転調しています。メロディもDmaj scaleからFmaj scaleに変わっていますね。

Bbの後はF/A・D7(Ⅰ/Ⅲ→Ⅵ7)とルートが強進行で進み、後半はルート音を上げていくクリシェ。最後のA7はFmajから見るとⅢですが、次の小節で再びDmaj調に戻るためのドミナント(Ⅴ)としても捉えられます。

 

D - A/C# - Am7/C - B7b9 (Key of Dmaj)

 (Ⅰ - Ⅴ/Ⅶ - Ⅴm/bⅦ - Ⅵ7b9) 

A7からDmaj調に戻ってきて再び下降クリシェ

最後がG/BからB7b9に変わっています。メロディの「星に向かって」の"ほ"(C)がb9のテンションノートです。

サビの後半にⅥ7b9を使うとクライマックス感が出ますね。「花ハ踊レヤいろはにほ」等でも同じテクニックが使われています。

 

Em7・Gm - D・A/C#・Bm7 - Em7 - Gm

(Ⅱm7・Ⅳm - Ⅰ・Ⅴ/Ⅶ・Ⅵm7 - Ⅱm7 - Ⅳm) 

上段最後のB7b9(Ⅵ7b9)がセカンダリードミナントの機能を果たしているのでEm7(Ⅱm7)に着地。A(Ⅴ)に進むかと思いきやGm(Ⅳm)。Ⅱm7→Ⅳmという進行は始めて見ました。とても美しい響きですね。

その後はD・C#・B(Ⅰ→Ⅶ→Ⅵ)とスケールトーンを下がっていき再びEm7→Gm

 

Em7 - Em7/A・A7

(Ⅱm7 - Ⅱm7/Ⅴ・Ⅴ7) 

最後はツーファイブで〆。最後のA7はⅤですが、この後Fmaj調に戻るため、Fmaj調から見てのⅢとしても機能しています。

 

間奏(key of Fmaj)

Bbsus2 - Bbsus2 - Csus4 - Csus4 ...

冒頭に戻ります。

 

今回はここまでにしておきます。

 

 

とても良い曲ですね。特に前半のEb・F7・B7b5とサビの部分転調に圧倒されてしまいました。田中さんといえばaugというイメージですが、この曲では出てきませんでした。それでもここまで練られているのはさすがです。

今回は1コーラスだけですが、2番ではAbmajに転調したりとまだまだ仕掛けがいくつもあります。またいつか更新するかもしれません。