おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

ドラマチックガール / アイカツ! コード進行解説

今回は「アイカツ!フォトonステージ!!」より、ドラマチックガール(作・編:田中秀和)です。

www.youtube.com

公式動画もありますが途中までしか聞けないのでこちらで。

 

では見ていきましょう。

 

OP (key of Abmaj)

N.C

最初の8小節はノンコードです。

リフのフレーズは、

「Ab、A、B、C、Db、D、Eb、F、Gb、G」

の10個の音で構成されてますね。最後のキメの

「Db・G → C・F# → B・B」

は、減5度(または増4度)に跳ねつつ(Db・G、C・F#)のクリシェ(Db→C→B)でしょうか。

この「減5度の音程」は最後にも出てきます。

 

イントロ (key of Abmaj)

Bbm7 - Bbm7 - Bbm7/Eb - Bbm7/Eb

(Ⅱm7 - Ⅱm7 - Ⅱm7/Ⅴ - Ⅱm7/Ⅴ)

リフの楽器がピアノからギターに変わります。

上をBm7(Ⅱm7)で固定したままベースがBb(Ⅱ)→Eb(Ⅴ)の動きを繰り返します。

 

Bbm7 - Bbm7 - Bbm7/Eb - Bbm7/Eb

上段の繰り返しです。

 

Aメロ (key of Abmaj)

Bbm7 - Bbm7 - Bbm7/Eb - Bbm7/Eb

リフのギターが抜けて歌が入ってきます。

伴奏はイントロのまま。

 

Bbm7 - Bbm7 - Bbm7/Eb - Bbm7/Eb

再び繰り返し。

 

Cm7 - CmM7 - F7b9 - F7

(Ⅲm7 - ⅢmM7 - Ⅵ7b9 - Ⅵ7)

トップノートがBb→B→ Cと半音ずつ上がっていってますね。

ここのメロディーは一見難しいように聞こえますが、よく見るとコードトーンをなぞっているだけです。

 

し こ う さ く ご   じ ぶ ん い ろ

Bb    G     Bb   B    G     B            C    C      A     Gb   F  (メロディー)

Cm7               CmM7                  F7b9                     F7   (コード)

※Cm7(C,Eb,G,Bb)、CmM7(C,Eb,G,B)、F7b9(F,A,C,Eb,Gb)

 

Bbm7 - Cm7 - Dbm7 - Dbm・Gb

(Ⅱm7 - Ⅲm7 - Ⅳm7 - Ⅳm・bⅦ)

Bb→C→Dbとスケールトーンを上がっていきます。Dbm7は同主張からの借用和音。 

「なれたよね」にDbm(Ⅳm)のE(bⅥ)の音が混じってます。

な  た よ ね

Ab    E     Eb   Db   Eb

 

最後のⅣm→bⅦは田中さんお得意のパターン。

 

Bメロ (key of Ebmaj → Abmaj)

AbM7 - AbM7 - Db - Db

(ⅣM7 - ⅣM7 - bⅦ - bⅦ)

GbからAbに着地...と思いきやここでEbmajに転調しています。メロディーもAbmaj scaleからEbmaj scaleに変わっていますね。なのでここのAbM7はサブドミナント

次のコードがCm7(Ⅵm7)なので、ここのDb(bⅦ)はG(Ⅲ)の裏コード。

 

Cm7 - Cm7 - Bbm7 - Eb7・Gbdim

(Ⅵm7 - Ⅵm7 - Ⅴm7 - Ⅰ7・bⅢdim)

ここはメロディーが複雑ですね。前半は、

 

か な え る た め の ス  ジュ ー ル

Eb    Eb    F     F     G     G    C    Bb    A     Ab      C    C (メロディー)

Cm7                             Cm7                      Bbm7              (コード)

 

と、ブルーノートのA(#Ⅳ)が混じっており、後半は、

 

で か け な く ちゃ

F      E     Eb   G     Gb   A  (メロディー)

               Eb7        Gbdim       (コード)

と、それぞれのコードトーンをなぞっています。

 

AbM7 - AbM7 - Fm7 - Fm7

(ⅣM7 - ⅣM7 - Ⅱm7 - Ⅱm7)

Bメロ2順目。ここはずっとサブドミナントですね。 

 

Cm7 - Cm7 - Bbm7 - Bbm7

(Ⅵm7 - Ⅵm7 - Ⅴm7 - Ⅴm7 on Ebmaj)

(Ⅲm7 - Ⅲm7 - Ⅱm7 - Ⅱm7 on Abmaj) 

Bbm7からAbmajへ転調します。EbmajからAbmajなので下属調への転調ですね。

後半のBbm7からサビに向けてベース音が上がっていきます。

 

Ab/C - Ab/C - Db - Dφ

(Ⅰ/Ⅲ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ - #Ⅳφ)

順次進行です。後半のメロディーにD(#Ⅳ)の音が入ってますね。

 

あ た ら  い い ち に ち を

C     C     Db   D    C     Bb   Ab  Ab   Bb   Bb

 

Eb - Eb - E - Gb

(Ⅴ - Ⅴ - bⅥ - bⅦ) 

ドミナント(Ⅴ)でサビへ行くのではなくbⅥ,bⅦも経由します。

2段上のBbm7からここのGbまでの上昇進行はそんなに珍しい進行ではないのですが、初めて聞いたときは流れがとても美しくて震えました。上げて上げてサビで爆発する、そんなイメージです。 

 

サビ (key of Abmaj)

Ab - Ab - DbM7 - DbM7

(Ⅰ - Ⅰ - ⅣM7 - ⅣM7)

E→Gb(bⅥ→bⅦ)からAb(Ⅰ)に着地。フゥーというコーラスも相まって、ここからサビ!という感じですね。最初はⅠ→ⅣM7のシンプルな進行です。

 

Gφ - C・C/E - Fm・Eaug - Ab/Eb・Dφ

(Ⅶφ - Ⅲ・Ⅲ/bⅥ - Ⅵm・bⅥaug - Ⅰ/Ⅴ - #Ⅳφ)

Ⅶφ→Ⅲ→Ⅵmの強進行から下降クリシェ。 

コーラスの一瞬混じるB(bⅢ)の音が良いですね。

 

ド ラ  チック ガール

C     C     B     Bb          Ab   

 

DbM7 - Ab/C - Bdim - Bbm7・Dbm/Eb

(ⅣM7 - Ⅰ/Ⅲ - bⅢdim - Ⅱm7・Ⅳm/Ⅴ)

Ⅳから半音ずつ下がっていきます。前段のFm(Ⅵm)からここのBbm7(Ⅱm7)まで半音で下がり続けてきていますね。dimの箇所はメロディーもディミニッシュスケールを適応しています。

 

は し る  む ね の  お と が

F      G    Ab      Eb    G    Ab       D     F    Ab (メロディー)

DbM7                Ab/C                  Bdim              (コード)

 

最後のDbm/Ebが意外性のあるコードですね。Bbm7から次のAbの間にコードトーン中でF→E→Ebという半音の動きが作られています。

 

Ab - Ab - DbM7 - DbM7

サビ折り返し、再び繰り返しです。 

 

Gφ - C・C/E - Fm・Eaug - Ab/Eb・Dφ

同上。 

 

DbM7 - Dφ - Eb - Edim

(ⅣM7 - #Ⅳφ - Ⅴ - bⅥdim)

前半ではベースが半音ずつ下がっていったのに対し、ここでは半音ずつ上がっていっています。

DφのところではメロディーにもD(#Ⅳ)の音が含まれてますね。

 

ど ん な   め が  ま っ て  い る の

F     G     Ab       D     F     Ab      Eb   G     Bb       Db   C    C  (メロディー)

DbM7                Dφ                    Eb                     Edim                (コード)

 

Fm・Fm/Eb - Dφ - Bbm7 - Ab/C

(Ⅵm・Ⅵm/Ⅴ - #Ⅳφ - Ⅱm7 - Ⅰ/Ⅲ)

前半の2小節では上を固定したままベースが下がっていきます。

後半はⅡm7~次の段のⅣまで順次進行。

真ん中の#Ⅳφ→Ⅱmという進行はよく出てくるので覚えておくといいです。

 

Db - Gb

(Ⅳ - bⅦ) 

順次進行で上がってきてⅣ→Ⅴと行くと思いきやbⅦ。田中さんはこのⅣ→bⅦの動きがお好きなようでこの曲でも何回か出てきましたね。他の曲でもよく使われてます。

 

間奏

N.C ...

再びAメロへ戻るための繋ぎです。

最初に出てきた「減5度の音程」、「Db・G → C・F# → B・B」がベースで鳴ってます。

 

 

冒頭のリフといい掛け合いのフレーズといい、印象に残るメロディーが多く詰め込まれた曲ですね。この記事では主にコード進行を解説しましたが、スケールに注目して聞いてみても面白い曲だと思います。