おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

GLAMOROUS BLUE / アイカツ! コード進行解説

今回も「アイカツ!フォトonステージ!!」より、GLAMOROUS BLUE(作・編:石濱翔)です。

www.youtube.com

では見ていきましょう。

 

OP (key of Ebmaj)

AbM7 - Bb7 - AbM7 - AbM7
N.C

(ⅣM7 - Ⅴ7 - ⅣM7 - ⅣM7)

サブドミナントから始まります。Eb(Ⅰ)ではなく(Ab)Ⅳに着地しているのでちょっと浮遊感がありますね。

最後のN.Cはスウィープが鳴ってる箇所です。

 

イントロ (key of Ebmaj)

AbM7 - Fm7・Fm7/Bb - AbM7 - Fm7・Fm7/Bb

(ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ - ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ)

ストリングスがメインのイントロ。左右で別々のフレーズを弾いてるギターとスラップの混じったベースがかっこいいですね。


AbM7 - Fm7・Fm7/Bb - AbM7 - Ab/Db

(ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ - ⅣM7 - Ⅳ/bⅦ)

前段の繰り返しです。最後のAb/Db(Ⅳ/bⅦ)が意外性のあるコードですね。Db(bⅦ)から次のEb(Ⅰ)にベースが滑らかに繋がります。

 

Aメロ (key of Ebmaj)

Eb - Eb/G - Ab - Ab7

(Ⅰ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ - Ⅳ7)

Ⅰ→Ⅳの進行です。ⅣM7ではなくⅣ7なのが良いですね。メロディーにも7のテンション(Gb)の音が入ってます。

 

わ  わ く

Bb    Gb   F    Eb


Cm7 - Aφ - AbM7 - Ab/Bb

(Ⅵm7 - #Ⅳφ - ⅣM7 - Ⅳ/Ⅴ)

Cm7→AbM7の間にAφを挟むことでコードトーンが半音ずつ変わっていっています。

 

Cm7(C,Eb,G,Bb)→Aφ(A,C,Eb,G)→AbM7(Ab,C,Eb,G)


Eb - Eb/G - Ab - Ab7

(Ⅰ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ - Ⅳ7)

Aメロ折り返しです。


Cm7 - Aφ - AbM7 - Ab

(Ⅵm7 - #Ⅳφ - ⅣM7 - Ⅳ)

最後がBb(Ⅴ)ではなくAb(Ⅳ)のままというのが不思議な点ですね。次のBM7に繋げるためでしょうか。

 

Bメロ (key of F#maj)

BM7 - Abm7・Abm7/Db - BM7 - Abm7・Abm7/Db

(ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ - ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ)

Ebmajから短3度上昇しF#majへ転調。イントロと同じ進行ですね。


BM7 - Abm7・Abm7/Db - Abm7 - Db・Eb

(ⅣM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ - Ⅱm7 - Ⅴ・Ⅵ)

基本的には前段と同じ。最後のDb・Ebが次のAbへのピボットになっています。

 

Ⅴ・Ⅵ       Ⅱ(on Abmaj)

Db・Eb → Ab

bⅦ・Ⅰ     Ⅳ (on Ebmaj)

 

ベースのキメがかっこいい。

 

サビ (key of Ebmaj)

AbM7 - Dφ・G7 - Cm7 - Bbm7・Eb7

(ⅣM7 - Ⅶφ・Ⅲ7 - Ⅵm7 - Ⅴm7・Ⅰ7)

サビもサブドミナントから始まります。2小節目のDφ・G7はBb(Ⅴ)を分割したものと考えることも出来ますね。カノン進行などではこの変形がよく使われるので覚えておくと良いかもしれません。


AbM7 - Dφ・G7 - Fm7 - Bbaug・Bb

(ⅣM7 - Ⅶφ・Ⅲ7 - Ⅱm7 - Ⅴaug・Ⅴ)

ここはやはりBbaugが見どころでしょうか。4小節目でベースがBbを鳴らしているのに対し、ストリングスがGb→Fと動いています。


Fm7 - Eb/G - AbM7 - Bbaug/E・Bbaug

(Ⅱm7 - Ⅰ/Ⅲ - ⅣM7 - Ⅴaug/#Ⅰ・Ⅴaug)

ここでもaugが使われています。F→G→Abとベースが上がっていくのですが、4小節目でEに飛ぶのが意外性抜群。おかげで何回も聞かないとわからなかった...

Bbaug/E・Bbaugと分割しましたが、上はBbaugのままでベースが動いていると思っていただいても結構です。


Ab/Db - Cm7 - Fm7 - Fm7/Bb

(Ⅳ/bⅦ - Ⅵm7 - Ⅱm7 - Ⅱm7/Ⅴ)

今度は1小節目に不安定なコードが来ています。これも意外性抜群。機能としてはサブドミナントマイナーでしょうか。後半はベースがF→G→Ab→A→Bbと駆け上がっています。

 

間奏 (key of Ebmaj)

AbM7 - Fm7・Fm7/Bb - AbM7 - Fm7・Fm7/Bb ...

イントロを繰り返しAメロへ戻ります。

 

 

ところどころにブルーノートが散りばめられているのが良いですね。また、M7や分数コードが多用されているので少し大人っぽい曲だと感じました。