おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

あおげば愛しいフルフルDAYS / フレームアームズ・ガール コード進行解説

今回は「フレームアームズ・ガール」より、あおげば愛しいフルフルDAYS(作・編:高橋邦幸)です。

www.youtube.com

 

では見ていきましょう。

 

イントロ (key of Dbmaj)

N.C

最初の2小節はノンコード。ギターのリフから始まります。

 

Db - Dbaug/G - GbM7 - GbM7

(Ⅰ - Ⅰaug/#Ⅳ - ⅣM7 - ⅣM7)

いきなり飛ばしてますね...

Dbaug/GはDb7の変形。Dbをaug化し裏コードのGをベース音として使用しています。なので機能はドミナント

 

Ebm7 - Eb7 - Ab - Ab

(Ⅱm7 - Ⅱ7 - Ⅴ - Ⅴ)

ツーファイブでAメロへ繋げていきます。

 

Aメロ (key of Dbmaj)

Db - Db - F - F

(Ⅰ - Ⅰ - Ⅲ - Ⅲ)

Fm(Ⅲm)ではなくF(Ⅲ)を使っているのがポイントです。メロディーにもA(bⅥ)の音が入っています。

 

う れ し い って こ と

F      F     Gb   Ab    A       F      F 


Bbm - Bbm - Eb - Eb

(Ⅵm - Ⅵm - Ⅱ - Ⅱ)

Eb(Ⅱ)が浮遊感を演出していますね。上段ではメロディーにA(bⅥ)が含まれていましたが、こちらではコードトーンに合わせてBb(Ⅵ)に変化しています。

 

し ん じ る って こ と

F     F      Gb  Ab    Bb      Db   Db


Db/F - Gb - Ab - Bbm

(Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ -  Ⅴ - Ⅵm)

ルートノートがF→Bb→Ab→Bbとスケールトーンを上がっていきます。


Gbm - A・B

(Ⅳm - bⅥ・bⅦ)

ここはノンダイアトニックコードだけで構成されてますね。

前半のメロディーにはGbm(Ⅳm)のコードトーンであるA(bⅥ)の音が含まれています。

 

よ り そ う

A      A     F     F

 

後半はボーカルとピアノだけなので分かりづらいですが、おそらくB(bⅦ)も鳴ってると思います。

 

Db - Db - F - F

Aメロ2順目、繰り返しです。


Bbm - Bbm - Eb - Eb

ここも繰り返し。


Gb - Db/F - Gb・F - Bbm

(Ⅳ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ・Ⅲ - Ⅵm)

ここは変化しています。今まで1小節に1コードだったのに対し、3小節目がGb・Fと2拍で進んでいます。なので少しドラマチックに聞こえますね。


Ebm - Ab - Db - Db

(Ⅱm - Ⅴ - Ⅰ - Ⅰ)

ツーファイブワンで綺麗にAメロを終えます。

 

Bメロ (key of Dbmaj)

Fφ - Bb - Ebm - B

(Ⅲφ - Ⅵ - Ⅱm - bⅦ)

ハーフディミニッシュから始まるのでドキッとしますね。

最後のB(bⅦ)はF(Ⅲ)の裏コードです。


Bbm - Eb - Ab - Ab

(Ⅵm - Ⅱ - Ⅴ - Ⅴ)

ここはEbm(Ⅱm)ではなくEb(Ⅱ)を使っているのがポイントです。


D

(#Ⅰ on Dbmaj)

(Ⅴ on Gmaj)

この1小節が次のGmajへの橋渡しになっています。 Gmaj上でのドミナント(Ⅴ)を挟んでサビへ繋げています。

 

サビ (key of Gmaj)

G - Gaug/Db - CM7 - CM7

(Ⅰ - Ⅰaug/#Ⅳ - ⅣM7 - ⅣM7)

Dから着地しGmaj。調は変わっていますが進行自体はイントロの前半部分と同じです。


Am - Gbm7・B7 - Em7 - G

(Ⅱm - Ⅶm7・Ⅲ7 - Ⅵm7 - Ⅰ)

ここはメロディーにノンダイアトニックトーンが混じっています。

 

い ろ ん な  い に ち

E     G     B     A     Ab   A    B     A

 

Am(Ⅱm)のオルタードテンションであるAb(b9)の音と解釈できますね。


C - G/B - Am7 - Am7/D・B

(Ⅳ - Ⅰ/Ⅲ - Ⅱm - Ⅱm7/Ⅴ・Ⅲ)

C(Ⅳ)からスケールトーンを下がっていきツーファイブ。

次のEm(Ⅵm)へ繋げるために最後にB(Ⅲ)を挟みます。


Em - Gaug/Db - CM7 - CM7

(Ⅵm - Ⅰaug/#Ⅳ - ⅣM7 - ⅣM7)

サビ折り返し。先ほどとは異なり頭のコードがEm(Ⅵm)に変化しているので暗い雰囲気になっています。


Am - Gbm7・B7 - Em7 - A7

(Ⅱm - Ⅶm7・Ⅲ7 - Ⅵm7 - Ⅱ7)

基本的には同じですが、最後がG(Ⅰ)からA7(Ⅱ7)に変化しています。こちらも次のC(Ⅳ)へ繋げるための役割を担っています。


C・D - Ebdim・Em - F - D

(Ⅳ・Ⅴ - bⅥdim・Ⅵm - bⅦ - Ⅴ)

前半は王道進行の変形。後半のF(bⅦ)が意外性ありますね。サブドミナントのC(Ⅳ)やAm(Ⅱm)ではなく、サブドミナントマイナーのF(bⅦ)が使われています。

 

間奏 (key of Gmaj)

G - Gaug/Db - CM7 - CM7 ...

(Ⅰ - Ⅰaug/#Ⅳ - ⅣM7 - ⅣM7)

こちらも調やメロディーは変わっていますが、進行はイントロと同じです。

 

 

分数augや代理和音が散りばめられていてよく練られていますね。解説中には触れませんでしたが、Dbmaj→Gmajという遠隔調への転調もこの曲の大きなポイントの一つだと思います。