おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

荒野の奇跡 / アイカツスターズ! コード進行解説

今回は「アイカツスターズ!」より、荒野の奇跡(作・編:南田健吾)です。

www.youtube.com

短調の曲ですがこの記事では長調に置き換えて解説しています。 

 

では見ていきましょう。

 

イントロ (key of Bmaj)

N.C

最初の4小節はノンコード。ボーカルの逆再生から始まります。

 

G#m - G#m - G#m - G#m

(Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm)

5/4拍子のイントロです。ストリングスのフレーズがかっこいい。

 

E - D#m7

(Ⅳ - Ⅲm7)

ここから4/4拍子。この2小節はAメロへのつなぎですね。

 

Aメロ (key of Bmaj)
G#m・F# - E・D#m - C#m7・B - A#φ・D#

(Ⅵm・Ⅴ - Ⅳ・Ⅲm - Ⅱm7・Ⅰ - Ⅶφ・Ⅲ)

G#m(Ⅵm)から始まり2拍ごとにスケールトーンを下がっていきます。

最後のA#φ→D#は強進行。


D#m・Dmb5 - F#/C#・Cmb5 - B・D#m

(Ⅵm・bⅥmb5 - Ⅰ/Ⅴ・#Ⅳmb5 - Ⅳ - Ⅵm on Gbmaj)

ここはメロディにFが使われているのでGbmajに転調しているのだと思います。BmajからGbmajなので属調への転調です。

このⅥmからルートが下降するクリシェはアニソンでよく使われるやつですね。覚えておくと良いと思います。

最後にD#mが入っているのは次に再びBmajのⅥm(G#m)に進むためだと思われます。

 

(Ⅵm on Gbmaj)

D#m

(Ⅲm on Bmaj)

 

G#m - G#m - G#m - G#m

(Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm on Bmaj)

Bmajに戻ってきます。イントロと同じく5/4拍子。

 

E - D#m・G#m - A - F#・Gmb5

(Ⅳ - Ⅲm・Ⅵm - bⅦ - Ⅴ・bⅥmb5)

Aメロ折り返し。

コード進行が変化していますね。サブドミナントマイナーのbⅦ(A)が挟まれています。F#から次の段のA#mb5までベースが半音ずつ上がっていきます。


G#m・Amb5 - A#mb5・Dmb5 - D# - Csus4・C

(Ⅵm・bⅦmb5 - Ⅶmb5・bⅢmb5 - Ⅴ - Ⅲsus4・Ⅲ)

ここはコードもメロディもめちゃくちゃ難しいです。

まずはコードから見てみましょう。

パッシングディミニッシュを挟みつつA#mb5(Ⅶmb5)まで上昇。

Dmb5(bⅢmb5)は、次にD#(Ⅴ)に進むのでC#7b9(Ⅱ7b9)の省略形だと思います。なので機能はサブドミナント

 

Dmb5(D,F,G#)、C#7b9(C#,F,G#,B,D)

 

最後のCが次のAbmajへのピボットになっています。

 

(#Ⅰsus4・#Ⅰ → #Ⅳm on Bmaj)

Csus4・C → Fm

(Ⅲsus4・Ⅲ → Ⅵm on Abmaj)

 

続いてメロディ。

 

つ き  は な も そ  は ね さ え も

C#    D#   D    D#   E     D#    C#   C     D#    E    D#   E    F#  

G#m                            Amb5                     A#mb5

 

 お  そ ま っ た

F      D#    D    F     G     G#   A#

Dmb5                     D#

 

赤字がノンダイアトニックトーンです。このようにクロマチックなメロディーになっています。

 

サビ (key of Abmaj)
Fm・Ab/Eb - Db・Cm - Bbm・Ab - Gmb5・C

(Ⅵm・Ⅰ/Ⅴ - Ⅳ・Ⅲm - Ⅱm・Ⅰ - Ⅶmb5・Ⅲ)

Bmajから転調しAbmaj。

Aメロと同じくFm(Ⅵm)から下がっていくマイナーカノン進行です。

ストリングスのスタッカートがかっこいいですね。

ガラスの割れる演出がとても好き。


Fm・Ab - Db・Cm - Bbm・Ab - Gmb5・C

(Ⅵm・Ⅰ/Ⅴ - Ⅳ・Ⅲm - Ⅱm・Ⅰ - Ⅶmb5・Ⅲ)

再び繰り返し。


DbM7 - Eb/Db - Cm7 - B7

(ⅣM7 - Ⅴ/Ⅳ - Ⅲm7 - bⅢ7)

サビ折り返し。

王道進行の変形ですね。最後のB7(bⅢ7)はF(Ⅵ)の裏コード。

 

Bbm7 - Ab/C - DbmM7 - Ebm7

(Ⅱm7 - Ⅰ/Ⅲ - ⅣmM7 - Ⅴm)

Bbm7(Ⅱm7)からスケールトーンを上がっていきます...が、後半の2小節は再びBmajへ転調していますね。メロディーもAbmaj scaleからBmaj scaleへ変化しています。

 

(ⅣmM7 - Ⅴm7 on Abmaj)

DbmM7 - Ebm7

(ⅡmM7 - Ⅲ7 on Bmaj)

 

間奏 (key of Bmaj)
G#m - F# - E - D#m7

(Ⅵm - Ⅴ - Ⅳ - Ⅲm7)

再びマイナーカノン。Aメロ、サビでは2拍ごとに下がっていきましたがここからは1小節ごとに下がっていきます。

ここもストリングスがかっこいいですね。


C#m7 - B - A#mb5 - D#

(Ⅱm7 - Ⅰ - Ⅶmb5 - Ⅲ)

引き続き下がってきて最後に強進行。

 

G#m - G#m - G#m - G#m ...

(Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm - Ⅵm)

イントロに戻ります。なのでここも5/4拍子。

 

動画ではこの後エンディングですがフル尺では再びAメロに戻って2番へ続くと思われます。

 

 

変拍子が特徴的なゴシック調のロック曲ですね。個人的にはやはりサビ前の4小節がとても凝っていて好きです。また、サビで使用されているⅣM7→Ⅴ/Ⅳの進行に前作のDreaming birdを彷彿とさせられます。