おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

分数augの種類

田中秀和さんの曲には分数augが時々登場します。ただ、分数augと一括りにいってもいくつか種類があるのでそれらを紹介していこうと思います。

 

Ⅰaug/#Ⅳ

新・チョコレート事件 / アイカツ!

www.youtube.com

※0:50~0:57

Bb・Bbaug - G/B・Bφ - C・Caug - Faug/B

(Ⅳ・Ⅳaug - Ⅱ/#Ⅳ・#Ⅳφ - Ⅴ・Ⅴaug - Ⅰaug/#Ⅳ)

 

Ⅳに進むためのドミナントであるⅠ7の変形です。ベースには裏コードである#Ⅳの音が使われていますね。

分数augの中ではⅠaug/#Ⅳが最もよく使われます。オリジナルスター☆彡、Star!!、EVERMORE等々。

 

この曲の解説記事です。

新・チョコレート事件 / アイカツ! コード進行解説 - おしゃれコードレッスン(仮)

 

Ⅴaug/#Ⅰ

M@GIC☆ / アイドルマスター シンデレラガールズ

www.youtube.com

※0:46~0:52

Db - BbmM7 - Eb - Ebaug/A

(Ⅳ - ⅡmM7 - Ⅴ - Ⅴaug/#Ⅰ)

 

こちらはⅤ7の変形。ベースにはⅤの裏コードの#Ⅰの音が使われています。

この進行、元はⅣ→Ⅳaug→Ⅴ→Ⅴaugというトップノートが半音で上昇していくクリシェだと思います。下でベースが動いているイメージでしょうか。

 

Ⅲaug/bⅦ

灼熱スイッチ / 灼熱の卓球娘

www.youtube.com

※1:06~1:11

Baug/F - Em7 - G7 - CM7

(Ⅲaug/bⅦ - Ⅵm7 - Ⅰ7 - ⅣM7)

 

これはⅢ7の変形。元はⅢ→Ⅵmの進行です。Ⅲの裏コードであるbⅦの音がベース音で使われています。

この曲のポイントはサビの1小節目で分数augが使用されていることです。強拍で不協和音が使われているとドキッとしますね。

 

Ⅵaug/bⅢ

全力アイドル宣言♡ / モンソニ!

www.youtube.com

※9:38~9:45

Eaug/Bb - Am7(9) - D7b9 - G

(Ⅵaug/bⅢ - Ⅱm7(9) - Ⅴ7b9 - Ⅰ)

 

こちらはⅥ7の変形。元はⅥ→Ⅱmの進行です。Ⅵの裏コードのbⅢの音がベースで使われています。

こちらもBメロの頭で分数augを鳴らしているのがポイントです。一気に心を吸い込まれる感じがしますね。

 

 

 

これらに共通していることは、

「全てドミナントセブンスの変形であること」と、

「裏コードのルートノートをベースで使用していること」です。

裏コードの音を使うことでベースの動きが滑らかになっています。

分数augは田中さんの他に石濱さんや高橋さんも使用されているので、とてもMONACAっぽいコードといえますね。