おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

新・チョコレート事件 / アイカツ! コード進行解説

今回は「アイカツ!」より、新・チョコレート事件(作・編:田中秀和)です。

www.youtube.com

 

では見ていきましょう。

 

イントロ (key of Fmaj)

F - Fb5 - Fsus4 - F

(Ⅰ - Ⅰb5 - Ⅰsus4 - Ⅰ)

コードトーンがC→B→Bb→Aと半音ずつ下降するクリシェです。イントロからAメロまではずっとこの動きが続きます。

 

F(F,A,C) → Fb5(F,A,B) → Fsus4(F,Bb,C) → F(F,A,C)


F - Fb5 - Fsus4 - F

(Ⅰ - Ⅰb5 - Ⅰsus4 - Ⅰ)

上段の繰り返しです。

 

Aメロ (key of Fmaj)

F - Fb5 - Fsus4 - F

(Ⅰ - Ⅰb5 - Ⅰsus4 - Ⅰ)

ここから歌が入ってきます。コード進行は変わりません。


F - Fb5 - Fsus4 - F

(Ⅰ - Ⅰb5 - Ⅰsus4 - Ⅰ)

同じく繰り返し。

 

Dm7 - G7 - Bb - F

(Ⅵm - Ⅱ7 - Ⅳ - Ⅰ)

コードは変わりましたがやっていること自体はこれまでと同じ動きです。

 

Dm7(D,F,A,C) → G7(G,B,D,F) → Bb(Bb,D,F) → F(F,A,C)


Dm7 - G7 - Bb - F

(Ⅵm - Ⅱ7 - Ⅳ - Ⅰ)

再び繰り返し。 

 

Bメロ (key of Fmaj)

Bb・Baug - C・Caug - F・Faug - F6・F7

(Ⅳ・Ⅳaug - Ⅴ・Ⅴaug - Ⅰ・Ⅰaug - Ⅰ6・Ⅰ7)

Bメロは怒涛のクリシェ地帯です。

一見難しそうに見えますが、元はⅣ→Ⅴ→Ⅰの基本的な進行。

 

Bb(Bb,D,F) → Bbaug(Bb,D,Gb) → C(C,E,G) → Caug(C,E,Ab)

 

とトップノートが半音ずつ上昇しその後CaugからFへドミナントモーション。そこからさらに属音が上がっていくクリシェです。

 

Bb・Bbaug - G/B・Bφ - C・Caug - Faug/B

(Ⅳ・Ⅳaug - Ⅱ/#Ⅳ・#Ⅳφ - Ⅴ・Ⅴaug - Ⅰaug/#Ⅳ)

ここはちょっと難しいですね。順番に見ていきましょう。

まず、Bb→Bbaug→G/Bでコードトーンが半音ずつ上昇していきます。

 

Bb(Bb,D,F) → Bbaug(Bb,D,Gb) → G/B(G,B,D)

 

その次のBφはG7(9)(Ⅱ7(9))の根音を省略した形です。なので、2小節目はⅡを2拍ごとに分割していると考えられますね。

 

Bφ(B,D,F,A) G7(9)(G,B,D,F,A)

 

その後のC→Caugは田中さんのお得意パターン。

最後のFaug/Bは次のF(Ⅰ)へ進むためのドミナントセブンス(C7)の変形です。

 

サビ (key of Fmaj)

Bb - Bb - Am7 - Dm7・D7

(Ⅳ - Ⅳ - Ⅲm7 - Ⅵm7・Ⅵ7)

Bメロが難しかった分サビは幾分か簡単です。凝ってるけどね...

最後のD7(Ⅵ7)は次のGm7(Ⅱm7)へ進むためのセカンダリードミナント


Gm7 - C7 - Am7・A7 - D7・Gb7

(Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅲm7・Ⅲ7 - Ⅵ7・#Ⅰ7)

借用和音が使われているパターンの王道進行です。

最後のGb7(#Ⅰ7)はC7(Ⅴ7)の裏コードですね。次のGm7に半音で繋がります。

 

Gm7 - C7 - Am7・A7/Db - Dsus4(7)・D7

(Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅲm7・Ⅲ7/bⅥ - Ⅵsus4(7)・Ⅵ7)

ここも同じく王道進行。

コードに合わせてメロディーにノンダイアトニックトーンが含まれています。

 

と つ ぜ ん だっ た で あ い 

C      C    C     C     Db      A     G    A     G    Gb

Am7                       A7/Db       Dsus4(7)      D7


Gm7 - C7 - Bbm - F

(Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅳm - Ⅰ)

ツーファイブワンで〆...と思いきやⅣmが挟まれていますね。おそらくⅠsus4と同じような役割を担っているのだと思われます。

 

間奏

F - Fb5 - Fsus4 - F ...

(Ⅰ - Ⅰb5 - Ⅰsus4 - Ⅰ)

イントロへ戻りその後は再びAメロへ。

 

 

 

全編通して半音の動きが使われている曲でしたね。中でも一番の聞き所はやはりBメロでしょうか。8小節で6個もaugコードが出て来る曲はそうそう無いと思います。