おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

Kawaii make MY day! コード進行解説

今回は「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」より、

Kawaii make MY day!(作・編:石濱翔)です。

www.youtube.com

 

では見ていきましょう。

 

イントロ (key of Ebmaj)

Absus2 - Bbsus4

(Ⅳsus2 - Ⅴsus4)

Ⅳ→Ⅴからスタート。この進行はSilent Starにも出てきましたね。

 

Silent Star / ウマ娘 コード進行解説 - おしゃれコードレッスン(仮)

 

Aφ・AbM7 - Eb/G・Gbdim - Fm7・Eb/G - AbM7・Bbaug

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅰ/Ⅲ・bⅢdim - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ - ⅣM7・Ⅴaug)

前半はA→Ab→G→Gbとベースが下がっていくクリシェ。後半は逆にF→G→Ab→Bbとスケールトーンを上がっていきます。

最後のBbaugが病みつきになりますね。

 

Gbdimの箇所はメロディーもディミニッシュスケールになっています。

 

カ ワ イ ク キス

Gb   Gb   Gb   F    Eb


Aφ・AbM7 - Eb/G・Gbdim - Fm7・Bb7 - CM7

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅰ/Ⅲ・bⅢdim - Ⅱm7・Ⅴ7 - ⅥM7)

最後のCM7が肝。Ⅵで終わることはよくありますがⅥM7は初めて見ました。

メロディーにCM7の構成音であるBが含まれているのですが、この音はEbmaj scale外の音なのでノンダイアトニックトーンで終わっていることになります。

 

make my day!

C           C      B

 

Aメロ (key of Ebmaj)

Eb - Eb/G・Gaug - AbM7 - Cm7

(Ⅰ - Ⅰ/Ⅲ・Ⅲaug - ⅣM7 - Ⅵm7)

2小節4拍目に一瞬入るaugが良いですね。GaugはG7(Ⅲ7)の変形です。

 

Gm7 - Caug - Fm7・Eb/G・AbM7・Aφ - Bb

(Ⅲm7 - Ⅵaug - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・ⅣM7・#Ⅳφ - Ⅴ)

ここも2小節目のCaugが良い。augコードの要である増5度の音がメロディーに含まれています。

 

きん きゅ う しゅう ごう

D         Eb       F     Ab          G

 

最後はBbかBbaugかで悩みました。というのも、メロディーにBbとBbaugそれぞれの属音であるFとGbが両方入っているからです。

 

    かい ぎ です

F      Gb   F    Gb   F        Eb    Eb

 

先頭の音がFなのでコードはBbを選びました。

 

Eb - Eb/G・Gaug - AbM7 - Cm7

(Ⅰ - Ⅰ/Ⅲ・Ⅲaug - ⅣM7 - Ⅵm7)

Aメロ2順目。コードは前半と同じです。

ここからキックが4つ打ちになってますね。


Gm7 - Caug - Fm7・Eb/G・AbM7・Aφ - Bbaug

(Ⅲm7 - Ⅵaug - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・ⅣM7・#Ⅳφ - Ⅴaug)

こちらも基本時には同じ。ただ、最後がBbaugになっています。

 

Bメロ (key of Ebmaj)

Aφ・AbM7 - Gm7・GbM7 - Fm7・Fm7/Bb - Eb・Fm7・Gbdim・Gm7

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅲm7・bⅢM7 - Ⅱm7・Ⅱm7/Ⅴ - Ⅰ・Ⅱm7・bⅢdim・Ⅲm7)

GbM7はC7(Ⅵ7)の裏コード。コードに合わせてメロディーにもGbの音が混じっています。

 

リ サ  タ  ド レス

Eb    F     Gb   F    Gb   F     Eb

 

4小節目はベースがⅠ→Ⅱ→bⅢ→Ⅲと上昇していく進行で、ポップスでたまに見かけます。


Aφ・AbM7 - Gm7・Cm7 - Fm7・Eb/G - Abm

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅲm7・Ⅵm7 - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ - Ⅳm)

前半は上段とほぼ同じ。こっちはCm7になってますね。

最後のAbmから次のDbまの間はGbmajに部分転調しています。メロディーもGbmaj scaleになっています。

 

きっ と ま ち じゅう が ラ ン ウェイ

Bb       B     Bb   B     Bb          B    Bb   Ab    Ab

Abm                                           Db

 

Db - Bb

(bⅦ - Ⅴ)

BbでEbmajに戻ってきてサビへ繋げます。

 

サビ (key of Ebmaj)

Eb - Gaug - Cm7 - Fm7・Gbdim

(Ⅰ - Ⅲaug - Ⅵm7 - Ⅱm7・bⅢdim)

4小節目がちょっと凝ってますね。メロディーに一瞬Gb(bⅢ)の音が入るのがとても石濱さんっぽい。

 

見 て ほ  くっ て

Eb    C    Bb   Gb   F        Eb

 

GbdimはF7b9(Ⅱ7b9)の根音省略形と解釈できます。

 

Gbdim = Gb,A,C.Eb  F7b9 = F,A,C,Eb,Gb

 

また、次のGm7までF→Gb→Gと半音で繋げる役目も担っています。


Gm7 - Caug - Gbdim - Bbaug・Ebaug/A

(Ⅲm7 - Ⅵaug - bⅢdim - Ⅴaug・Ⅰaug/#Ⅳ)

ここがこの曲の中で最も難しい箇所だと思います。

まずCaug。これはAメロの時と同じ使われ方です。

次にGbdim。これは上段で出てきたF7b9の根音省略形と同じ役割です。

その次のBbaugはBb7(Ⅴ7)の変形。

最後のEbaug/AはEb7(Ⅰ7)の変形で、次のAbM7へのピボットコードです。

 

分数augについてはこちらの記事をどうぞ。

分数augの種類 - おしゃれコードレッスン(仮)

 

AbM7 - Baug - Cm7 - Fm7・Gbdim

(ⅣM7 - bⅥaug - Ⅵm7 - Ⅱm7・bⅢdim)

サビ折り返し。前半2小節が変化してます。

BaugとGaugは構成音が同じなので、機能としてはどちらもドミナント

 

Baug = B,Eb,G  Gaug = G,B,Eb

 

Baugの方が浮遊感がありますね。


Gm7 - Caug - Fm7・Eb/G・AbM7 - AbM7・Aφ・Baug

(Ⅲm7 - Ⅵaug - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・ⅣM7 - ⅣM7・#Ⅳφ・bⅥaug)

こちらは後半2小節が変化してます。

最後のBaugはG7(Ⅲ7)の変形で、次のCmへのドミナント


Cm・Baug・Ab/Bb - Bb

(Ⅵm・bⅥaug・Ⅳ/Ⅴ - Ⅴ)

C→B→Bbと半音で下降してきて、最後はドミナントでサビは終わりです。

 

間奏 (key of Ebmaj)

Aφ・AbM7 - Eb/G・Gbdim - Fm7・Eb/G - AbM7・Bbaug

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅰ/Ⅲ・bⅢdim - Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ - ⅣM7・Ⅴaug)

イントロと同じです。


Aφ・AbM7 - Eb/G・Gbdim - Fm7・Bb7 - CM7

(#Ⅳφ・ⅣM7 - Ⅰ/Ⅲ・bⅢdim - Ⅱm7・Ⅴ7 - ⅥM7)

こちらも繰り返し。

 

 

 

コード進行を重点的に解説しましたが、リズムもおもしろい曲ですね。ドラムは基本的に4つ打ちなのですがメロディーはシンコペーションしていたりと。

石濱さんの電子音と生音が程よく混ざった曲、とても好きです。