おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

個人的に好きなコード進行 番外編

前回と前々回は様々な曲から自分の好きな部分の4小節を選出して見ていきましたが、今回はサビの16小節をまるごと紹介しようと思います。

 

今回紹介するのは、

Ⅳ - Ⅴ - Ⅲm - Ⅵm

Ⅱm - Ⅲ - Ⅵm - Ⅴm・Ⅰ

Ⅳ - Ⅴ - Ⅲm - Ⅵm

Ⅱm - Ⅲm(orⅠ/Ⅲ) - Ⅳ - Ⅴ

という進行です。

 

では実例を踏まえて見ていきましょう。

 

ワガママMIRROR HEART / 大橋彩香

www.youtube.com

※1:09 ~ 1:31

DbM7 - Db/Eb - Cm7 - Fm

(ⅣM7 - Ⅳ/Ⅴ - Ⅲm7 - Ⅵm)

Bbm7 - C7 - Fm・Edim - Ebm7・Ab7

(Ⅱm7 - Ⅲ7 - Ⅵm・bⅥdim - Ⅴm7・Ⅰ7)

DbM7 - Eb・Eb/Db - Cm7・C7/E - Fm・Fm/Eb

(ⅣM7 - Ⅴ・Ⅴ/Ⅳ - Ⅲm7・Ⅲ7/bⅥ - Ⅵm・Ⅵm/Ⅴ)

Bbm7 - Ab/C - Db - Ebsus4

(Ⅱm7 - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ - Ⅴsus4)

Ab...

(Ⅰ)

 

ところどころでパッシングコードが入っていたり分数コードが使われていますね。

このように様々なアレンジを施すことのできる進行となっています。

 

GALAXY HidE and Seek / ラブライブ!サンシャイン!!

www.youtube.com

※0:55 ~ 1:22

EbM7 - F - Dm7 - Gm

(ⅣM7 - Ⅴ - Ⅲm7 - Ⅵm)

Cm7 - F - Bb - Fm7・Bb

(Ⅱm7 - Ⅴ - Ⅰ - Ⅴm7・Ⅰ)

Eφ - Ebm6 - Dm7 - Dbdim

(#Ⅳφ - Ⅳm6 - Ⅲm7 - bⅢdim)

Cm7 - Dm7 - Ebm7 - F

(Ⅱm7 - Ⅲm7 - Ⅳm7 - Ⅴ)

Eb...

(Ⅳ)

 

5~7小節目がツーファイブワンに変化しています。個人的に、5~8小節目の肝は最後のⅤm・Ⅰだと思っているのでこれでも全然OKです。

また、2順目の王道進行がクリシェを使用するタイプに変化していますね。1~4、9~12小節目の王道進行は、こちらの記事で紹介したようなアレンジパターンを使うこともできます。

 

王道進行のリハーモナイズ方法 - おしゃれコードレッスン(仮)

 

花ハ踊レヤいろはにほ / ハナヤマタ

www.youtube.com

※0:51 ~ 1:17

AbM7 - AbmM7 - Gm7 - Gbdim

(ⅣM7 - ⅣmM7 - Ⅲm7 - bⅢdim)

Fm7 - Baug - Cm7 - Bbm7・Ebaug

(Ⅱm7 - bⅥaug - Ⅵm7 - Ⅴm7・Ⅰaug)

Aφ - AbmM7 - Gφ - C7b9

(#Ⅳφ - ⅣmM7 - Ⅲφ - Ⅵ7b9)

Fm7 - Eb/G - Abm - Bbsus4

(Ⅱm7 - Ⅰ/Ⅲ - Ⅳm - Ⅴsus4)

Bb...

(Ⅴ)

 

ほとんど原型が残っていないほど変化していますね。前にも言いましたが、やはり6小節目のBaugが一番意外性あると思います。

前述のGALAXY HidE and Seekと同じく15小節目にⅣmを使っています。これがとても良い。

 

 

 

この進行はとても「アニソンっぽい」ように感じます。

これらの他にも、みなみけの「経験値上昇中☆」、アイカツスターズ!の「みつばちのキス」、ハナヤマタの「ヨロコビ・シンクロニシティ」なんかもこの進行に近いですね。