おしゃれコードレッスン(仮)

気になった音楽を紹介していきます。

Landing action yeah!! コード進行解説

今回も「ラブライブ!サンシャイン!!」よりLanding action yeah!!(作:光増ハジメ・編:TAKAROT)です。

www.youtube.com

 

では見ていきましょう。

 

OP (key of Dmaj)

D - D - D - D

(Ⅰ - Ⅰ - Ⅰ - Ⅰ)

最初の4小節はずっとⅠです。ギターやベースもロングトーンで鳴っていますね。


C - Bm - Bb - C

(bⅦ - Ⅵm - bⅥ - bⅦ)

いきなりサブドミナントマイナーが使われています。

bⅦ→Ⅵと下がった後はbⅥ→bⅦの定番の進行で次のⅠへ繋げます。

 

イントロ (key of Dmaj)

Dadd9 - F6 - Dadd9/F# - G

(Ⅰadd9 - bⅢ6 - Ⅰadd9/Ⅲ - Ⅳ)

主旋律のギターフレーズにテンションノートが多く含まれています。

bⅢはⅥ(B)の裏コード。


Dadd9 - F6 - Dadd9/F# - G・A

(Ⅰadd9 - bⅢ6 - Ⅰadd9/Ⅲ - Ⅳ・Ⅴ)

最後をⅣ→Ⅴにすることで次のⅠに繋がりやすくしています。

 

Aメロ (key of Dmaj)

D - G/D - A/D - D・A/C#

(Ⅰ - Ⅳ/Ⅰ - Ⅴ/Ⅰ - Ⅰ・Ⅴ/Ⅶ)

ベースとギターはずっとDを弾いてますがピアノがD→G→A→Dと鳴らしています。

最後のA/C#は次のBmへ繋げるためのパッシングコード。


Bm - F#m - G - C・A

(Ⅵm - Ⅲm - Ⅳ - bⅦ・Ⅴ)

Ⅳ→Ⅴと素直に進むのではなくCを挟んでいるのが良いですね。


D - G/D - A/C# - Bm・A

(Ⅰ - Ⅳ/Ⅰ - Ⅴ/Ⅶ - Ⅵm・Ⅴ)

Aメロ2順目。前半とは異なり3小節目からベースが下がり始めます。


G#mb5・G - F#m・Bm - Em・Em9/A - D

(#Ⅳmb5・Ⅳ - Ⅲm・Ⅵm - Ⅱm・Ⅱm9/Ⅴ - Ⅰ)

前半はクリシェを用いた王道進行。後半は上をⅡmで固定したままベースがツーファイブで動いてます。

 

Bメロ (key of Dmaj)

C6 - D - C6 - D

(bⅦ6 - Ⅰ - bⅦ6 - Ⅰ)

Bメロの頭がbⅦという意外性抜群の展開。それに加えてメロディーは6thのテンション(A)が鳴っています。すごい。


Bm - E/G# - Bb - C

(Ⅵm - Ⅱ/#Ⅳ -bⅥ - bⅦ)

基本的には珍しい進行なのですが、このブログではよく登場するⅥ→#Ⅳの動きです。

後半はFmajへ部分転調しています。メロディーもFmaj scaleになっています。

 

カ ラ ダ も キ モ チ も Yeah!!

F      F     F     F     G     G    G    A     A


A - A

(Ⅴ - Ⅴ)

A→F#→G→G#→Aと動いているベースのキメが気持ちいいですね。

 

サビ (key of Dmaj)

D - G - A・A/G - F#m・Bm

(Ⅰ - Ⅳ - Ⅴ・Ⅴ/Ⅳ - Ⅲm・Ⅵm)

使われている和音はすべてダイアトニックコードなのですが、この進行は多分始めて見たと思います。3小節目でA→Gと下がるのが良いですね。


Em・F#m - Bm・Bm/A・G#mb5 - C - Asus4・A

(Ⅱm・Ⅲm - Ⅵm・Ⅵm/Ⅴ・#Ⅳmb5 - bⅦ - Ⅴsus4・Ⅴ)

ここの肝はやはり2小節目のⅥ→Ⅴ→#Ⅳでしょうか。MONACAの方はよく使われますがそれ以外ではほとんど見たことがないです。なので、コードをとってる時に「おっ」となりました。


D - G - A・A/G - F#m・Bm

(Ⅰ - Ⅳ - Ⅴ・Ⅴ/Ⅳ - Ⅲm・Ⅵm)

サビ折り返しです。前半と同じですね。


Em・F#m - Bm・Bm/A・G#mb5 - Em・D/F# - G

(Ⅱm・Ⅲm - Ⅵm・Ⅵm/Ⅴ・#Ⅳmb5 - Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ - Ⅳ)

最後ⅤではなくⅣで終わるのがとても良い。アーメン終止ってやつです。

 

間奏 (key of Dmaj)

Dadd9 - F6 - Dadd9/F# - G

(Ⅰadd9 - bⅢ6 - Ⅰadd9/Ⅲ - Ⅳ)

イントロと同じです。


Dadd9 - F6 - Dadd9/F# - G・A ...

(Ⅰadd9 - bⅢ6 - Ⅰadd9/Ⅲ - Ⅳ・Ⅴ)

同じく繰り返し。フルサイズではこの後再びAメロへ戻ります。

 

 

 

ところどころで変わった和音が使われていて、尚且つカノン進行や王道進行のようなよく使われるコード進行でもないという非常に練られた曲だと思います。